2012-08-28

韓国女との性交または竹島問題

毎日のように韓国女とセックスをしていた。ソファのあちら側には、テレビが置かれていた。昨日も今日も明後日も、ニュースが竹島問題を報道していた。しかし報道されないこともあった。しかし語られないこともあった。いつでもテレビは同じだった。あるいはネットも同じだった。<ほんとうのこと>だけは常に語られないのだった。何もかも空疎だった。まったくお話にならなかった。

いつもセックスだけがリアルだった。いや、こう言わなければならない。<性交>だけがリアルだった。それだけが実体を伴った現実把握をもたらしてくれた。韓国が女であるとすれば日本は強姦者だった。竹島は日本が残した精液の残滓の一部だった。そのようなことだけが忘れ去られた。いつでも日本は<被害者>だった。

冗談ばかりだった。毎年のようにこの時期に行われる戦没者追悼式典があらわす綺麗事から忘れ去られるもの、それは拳についた血と精液のシミでしかなかった。暴力だけが忘れ去られた。当事者の名誉ある死よりも語るべきことがあった。当事者の美しい自決よりも語られるべきことがあった。それは暴力をふるう喜びだった。

弱者を踏みつけにして、快哉を叫ぶことができる人間の有り様だった。それは固有民族の持つ暴力性などではないことだけは明白だった。それが固有の民族だけにあらわれる醜さや汚さと思うことだけが間違いだった。毎日のように行われる強姦と暴行と虐待こそ、私たちが見なければならぬ私たちの隠された貌だった。

いつでも仮面をかぶっていた。いつでも美しい貌をしていた。何もかも汚らしいと言いたいような気がした。いや、違った。一番醜いものは、その醜さを受け入れることができず、それを<だれか>に転嫁するこころの動きそのものだった。または、そもそも<なかったこと>にしようとするこころの動きそのものだった。男は女に暴力を振るう。男は女を強姦できる。それだけが男の定義だった。

男はいつでも人間ではなかった。しかしだからこそ男には人間になる契機が女よりも与えられていた。自らが下半身に駆動される虫けらでしかないこと、そのことを知る契機が、女よりも与えられていた。日本はどうか。日本人はどうなのか。あらゆる契機を与えられながら、それを無視してきた。あらゆる機会を与えられながら、自分がやったことをだけを見ないことにしてきた。

押し付けられた平和という理念を自ら選びとるとは、自ら去勢を受け入れるということ。それは良かった。そこまでは良かった。しかしその後はどうか。去勢をして自らが強姦者であったときの快楽を忘れること、これだけは許されなかった。強姦は楽しかった。暴行も楽しかった。侵略も快楽だった。何もかもが快楽で、<世界一>という美酒に酔った。ほんの二十年前にもそのようなことがあった。そしてそれは惨めに滅んだ。

歴史はフィクションである。メディアもフィクションである。戦争責任なるものは文学に過ぎなかった。しかし、リアルなものはあった。しかし、痛みを伴う認識はあった。それを取り戻すために生きなければならなかった。強姦しなければならなかった。性交をしなければならなかった。この現実とあちら側の現実を架橋するために、いまひとたび加害者にならなければならなかった。

<暴力>こそが男の本質である。虫けらの下半身を持つ男はいかに人間になれるのか。奇形児たる男がどのように人間になれるのか、その手法を問わねばならなかった。その姿勢こそ考えねばならなかった。竹島問題は男女問題である。すなわちそれはセックスの問題だった。誰にとっても身近な、誰にとっても切実な契機であるところの<性交>こそが、この恐るべき現実に立ち向かうためのゆいいつの道しるべである。

2012-08-27

五十人の女たち(11)

公園の敷地には白砂が敷き詰められ、その端にあるベンチのそばに立って眺めると、それはまるで海のようにも見えた。潮騒は聞こえなかった。かわりに、狂ったように鳴きわめく蝉の声が、夜の湿った空気を震わせていた。団地のどこかで、性交しているらしき女の声がかすかに聞こえた。そして赤子の声が聞こえていた。私はタバコに火をつけていた。誰もが、性交を望んでいるようだった。

渋谷駅前は閑散としていた。日曜日の午後だった。風は冷たく、まわりのビルの壁には、クリスマスの飾りがまだ残されていた。毎年この時期の東京には、ほとんどひとがいなかった。そしてひとのほとんどいない都内を歩きまわるのが、年に一度の趣味でもあった。女は、約束の時間を10分ほど過ぎてやってきた。

女は韓国語の通訳だった。韓国のどこかの地方都市に三年ほど留学し、日本で字幕の仕事をしていた。某放送局の録音ブースで、女とは初めてあった。英語ってかっこいいですよね、と女は言った。最先端って感じ。私は曖昧に笑ってごまかし、女を食事に誘う口実を考えた。一番簡単だったのは仕事を一緒にしようという、いつもの誘い方だった。

女には父親はおらず、母親と二人で暮らしていた。写真を一度だけ見せてもらった。ラブホテルのピンク色の照明の下で見せてもらったその写真の母娘は、どことなく馬鹿げて見えた。お父さん、お母さんを裏切ったんだ、と女は言った。そうか、と私は言った。男はいつだって女を裏切るものだ、と言いかけて口をつぐんだ。閉ざされた窓の外から、酔っ払いが怒鳴り声を上げる声が聞こえてきていた。

バレンタインに、女から郵送でチョコをもらった。一行だけメッセージが書かれた紙が入っていて、私はそれを読まずに捨て、当時共同で事務所を借りていたひとびとにチョコの中身を分配した。誰からもらったの、と聞かれたので、妻が送ってくれました、と答えた。女とは三回寝たが、そのどれもがそのチョコのようにまずかった。

後になって、女が字幕を作っている韓流ドラマを見た。浮気をした男が、女からなじられていた。あんたはいつだって自分のことばかり、ぜんぜんあたしのことを見てくれない、あんたみたいな男はずっとひとりぼっちで生きていればいい、奥さんに捨てられて、子供も失って、死ぬまでひとりで苦しめばいいんだ。テレビを消すと、妻が私を見ていた。どうした? と私がいうと、なんでもない、と妻は言って、寝室へと消えていった。息子が私を見ていた。

2012-08-26

ネットにしか居場所のない日本人

ネットでは、誰しもが知識人だった。ネットでは誰しもが<だれか>になることができた。

何者にもなれないのに、そう信じることだけが許されていた。いや、そう信じたかった。それがすべてのはじまりだった。

いつわりの「同情」や「共感」が横行していた。いじめによる自殺が、原発事故による避難が、どこかで毎日のように行われる性犯罪が、わかりやすい「悪者」と「加害者」だけが、かれらの善意なるものの攻撃対象だった。

被害者に同情したくてたまらないひとびとが、Twitterに、Togetterに群れていた。かれらが勝手に決めつけた「加害者」たちは、すぐに職場や電話番号や住所をさらされ、それが「まとめサイト」に掲載され、さらなる攻撃を煽っていた。

ひとしきり退屈を紛らわせた後、その活動はすべて忘れられた。すべてが一過性の祭りでしかなかった。怒りもすぐに忘れられた。ブラウザを閉じ、ネットから離れれば、その問題ははじめからなかったことにされた。

私たちが真に怒るべき対象は、かのような忘却を可能にせしめる、このシステムそのものなのかもしれなかった。

私たちは、ネットに閉じ込められている。


何者かになることを許されるネットは、巧妙につくられた劇場だった。誰しもがステージに登ることができた。誰しもが拍手喝采を浴びることができた。しかし客席には誰もいなかった。そこにいるのは張り子の人形だった。そして誰しもがその虚しさを知りながら、誰もネットから離れることができないのだった。ネットの貧しさとは詐術の豊かさであり、言い換えれば人工甘味料の甘さに他ならなかった。

食べても食べても、空腹は少しも満たされなかった。いつまでも飢えているほかなかった。口の中に広がるやさしさをほんものと信じなければ、もはや一秒たりとも、この過酷で茫漠とした<現実>を生きていくことなどできなかった。誰もかれもが綺麗事ばかりを押し付けるこの社会において、ほんとうの気持ち、いいかえれば<こころ>は完全に忘れれられ、そしてそのことによって誰しもが深く傷ついていた。

ネットは、自殺一歩手前の苦しさから、ひとびとを救っていた。しかしそれは一日でも摂ることをやめれば痛みで死んでしまう鎮静剤のようなものだった。日本の「世間」や「社会」がその居住者に強制している恐るべき圧力は、そこからはからずも逸脱してしまったひとびとに、大きな苦痛をもたらしていた。

かれらにはどこにも居場所がなかった。家にも、社会にも、職場にも、学校にも、この地上のいついかなる場所にも、どこにも居場所がないと思わざるを得なかった。ネットで弱者を叩くのは、自分の苦しさ、つらさ、悲しさ、閉塞感をなんとかしたいという、もがきのあらわれでしかなかった。弱者こそがかれらの敵だった。なぜならそれは、まさにかれら自身の逃れがたき自画像であったからだった。

かれらが叩く相手はさまざまだった。かれらの頭の中では、強者である広告代理店が、マスメディアが、自分たちのいわれのない痛みと苦しみの原因を作っているかのように思えてならなかった。たとえば民主党が、自民党が、公明党が、かれらの憎しみの対象だった。憎んでも憎んでも、何も手に入らなかった。叩いても叩いても、いつまでも虚しかった。かれらの敵はいつまでもフィクションを超えられなかった。そんなものは存在しなかったからだった。

またかれらの敵は、弱者たるところの韓国人であり在日朝鮮人だった。いつまでもバカにすることができたはずの韓国人が、いつの間にか対等の立場でものをいいはじめていた。いつまでも劣っているはずの「三国人」の中国が、いつの間にか大国になっていた。弱者は弱者をいつも必要としていた。自分より劣っている人間を必要としていた。攻撃せねば、中傷せねば、生きていけなかった。苦しかった。苦しくてたまらなかった。なぜなら、なぜなら、自分たちこそが弱者であると、ほんとうはこころのどこかで知っているからだった。

ネットがすべてだった。ネットこそが私たちの無意識にほかならなかった。ネットこそが日本がいま持つ可能性と不可能性をすべて包含していた。ネットを離れても、スーツを着た連中がやることはいつも同じだった。ネットを離れても、口ばかりうまい連中が「うまくやっている」ことも同じだった。現実はすでにネットに取り込まれていた。「リア充」などという単語が蔓延する中で、リアルな物事そのものの輪郭が崩れつつあった。

2012年、日本のネットは汚物だった。2012年、日本のネットは狂気だった。駄々をこねる子供と、成長できない大人と、カネとセックスという本能によって駆動される男女が、毎日のようにお互いに石を投げつけあっていた。

記しておかねばならない。状況は、絶望的だった。何もかもが腐臭を放っていた。誰しもが、目を背けていること、誰しもが気づきながらも見ないふりをしていることがあった。それを記さねばならなかった。それは誰の仕事か。それは誰の役割か。もしこの世に日本的な知性なるものがまだ生き残っているとするならば、それはどのような手段と姿勢によって可能なのか、そう問わねばならなかった。

ネットをめぐって行われる言論、そしてネットから生活の糧を得ている<言論人>たちがもっとも隠したいこと、それは、自分たちがカネを稼いでいる飯の種であるところのネットの醜悪さに他ならなかった。厚化粧の下、または、きらびやかなスーツやドレスの下に隠されたもの。それは何か。私たちは、どこまで愚かになれるのか。

底なしの泥沼だった。いや、しかしまだ終わってはいなかった。いや、しかしまだたたかわねばならなかった。いかに絶望的な状況であっても、やはり、たたかわねばならなかった。どこまでも砂漠が続いていた。私たちは、またしても敗れるだろう。そんなことはわかっていた。しかし、考えることはできた。それだけが生きるということと同義だった。