2012-12-12

喪失の時代(5)

カネは、あった。社会の上っ面しか知らないスーツ連中を騙せばカネは手に入った。この手の連中はみな一様に頭が悪かったが、カネという生き物はこうした馬鹿な連中のまわりに集まるようになっていることを痛感する。私は馬鹿にはなれない、と思う。残念だがカネとは無縁の人生である。前の日に稼いだカネが次の日にはなくなっている。債権者どもの前でせせら笑いながらカネを湯水のように使うことに罪悪感はない。そもそも罪も罰もあまりに文学的すぎる。いいかえれば自意識は常にくだらないのだ。行為だけがある。行為だけが信じるに足る何かだ。

おまんこもまた容易だったが女はいつも困難だった。誰とでもセックスができるがしたいセックスはできないと言い換えてもよかった。自分の女房と子供を捨ててまるでなかったように振るまうことに何の感情も抱かなかったが、痛みがないことそのものが痛みのようにも思えた。そもそももう子供の顔や誕生日を忘れかけていた。将来にわたって子供に唾を吐きつけられる人生、元女房から嘲笑されるだけの人生こそが私が望んだものである。許されてはならない、というシンプルなことだけを決めた。それ以上のものは必要なかった。

私たちは虫けらかもしれないが、自分が小さな虫けらであることを知ることはできる。その謙虚さだけが必要とされていた。何かをなすために生まれてきたと信じるには、この世はあまりに無意味な生と死であふれている。ほんとうに残酷でひどいことばかりが起きているように感じられるが、恐ろしいことにそれが現実なのだ。そんな死亡率100%の人生において、どうしても生きる理由を必要としていしまうこころの動きがある。それを否定するわけにはいかないが、生きる理由という虚構を信じてしまえば、いつか信じた自分そものに裏切られる。理由などどこにもないのだ。カネとおまんこと食い物のために生きるほかないのだ。

偽善とおためごかしと嘘八百ばかりが流通する時代は長くは続かない。それは陰惨な現実から眼を背け続けることでしか成立しないし、そのようなことを許容できた社会こそが幸せだったのだ。国が疲弊し、社会が崩壊し、山川が汚れ腐っていく。それはもう誰にも止められない。スーツを着た阿呆な連中が改革を叫んでいるが、手前の女房すらろくに可愛がれない屑の自覚がない連中ばかりだ。かれらにないのは悪人の自覚であり、この偽善と自慰と喪失の時代にふさわしい為政者だというほかない。こういった連中の下で、私たちは生きていく。没落の時代の証人として。良かったもの、大切だったものは失われ、滅びて消えていく。だが、悲しむことはできない。なぜなら、すでに滅んだものが、ふたたび滅ぶことはけしてできないからだ。

2012-12-07

エゴ・バース

数年前には、自分たちの生活の貧しさや辛さについて語ることが、何がしかの理解や共感を得られる空気があった。たとえその反応が目に見えないものであったとしても、読まれている実感はあったし、実際に読まれていた。当時は、たとえば叙情的な散文さえ理解され、読まれうる可能性を信じることができた。いまはもう何もない。ネットで書かれる文章には何も期待できないし、読まれるべきものは何もないといっていい。

あるのは、2ちゃんねる(ニコニコ動画)とTwitterだけだ。驚くべきことは、大多数の人間が匿名であるにもかかわらず、なお自主規制の力がとてつもなく強大だということだ。ネットの日本語は恐ろしいまでに標準化され、誤字脱字まで同じように類型化されている。このことに戦慄せざるを得ない。そこにはいくら「自由」があっても、読むべきものは何もない。そもそも自らがはまりこんでいる類型に自覚的ではない書き手の文章に読むべきものがあるはずもない。

ネットには、もう何もない。そして問題は、その中にとどまる限りにおいて、私たちには、大きな満足と充足感と全能感が与えられるということだ。ひとこといえば、日本や先進国のネットはどんどん閉じていっている。グローバルにつながっていくネットと反比例するように、そこに生きる人々の精神がどんどん閉じていく。そこには外部が存在しない。

内輪でだけ通用するテンプレート的な言説が流通している。ネタやトピックは類型化され、「どこかで見たことがある」言語その他表現によって構築される世界が広がっていく。コピーのコピーが流通していく中で、誰もかれもが同じだという麻薬的な快楽に酔うようになっていく。そこに作られるのは、肥大した自意識によって作られる巨大なエゴの宇宙、エゴ・バースだ。

それが存続しうる条件は、「外部」が存在しないこと、あるいはないものとみなされていることだ。日本のネットの、中国や韓国に対する強烈なアレルギー反応、徹底的な侮蔑は何によってもたらされるか。それは、中国と韓国は「外部」を日本にもたらす因子だからだ。パラダイスたる鎖国日本の体制が外的要因によって脅かされる時、その中にいて快楽を貪っているひとびとが、それを脅かすものに対して強烈に反発しているのである。しかし、それはアジアのひとびとがいうような「右傾化」とは違う。単なる、だだをこねて泣き喚く幼児と似ている。知性があるわけではなく情動だけしかないからだ。

原発事故は、この閉鎖性を加速した。しかしそれはもう何年も前から始まっていた。振り返ってそう思う。いつか、この閉鎖的な自慰社会が、外からの力によって無残に踏みにじられる日がくる。幼児でいられた国民は、残酷な歴史の歯車によって、粉々に轢き潰されるだろう。日本語がはたしてその時になっても存在しているのかどうか、それはわからない。国が存在しなくともことばが生き残るかもしれないという希望を語る気にもなれない。なぜなら、国があっても、ことばが先に滅ぶことがあるという現実を、私たちはまさにいま目撃している。国はことばから死ぬのだ。

(2012年12月7日 Google+投稿)

2012-12-05

喪失の時代(4)

激しく性交した後、擦り切れた女の性器に薬を塗っている。いつでも<おまんこ>にひざまずいていた。いつでも女は崇高であり偉大だった。そのことを忘れた思い上がった猿に過ぎない男どもが、女を軽侮し侮って馬鹿にしていた。まったくどうしようもない連中だった。昆虫ですら雌を敬うことを知っている。おまんこの前に頭を垂れる謙虚さなしに、猿が人間に近づける方法などないのである。

ネットでは、相変わらず誰しもが有名になりたがっていた。知識人になりたがっていた。わずかな優越感がなければ、とても生きていけぬほど苦しいからである。自分だけは他の人間とは違うという、小さく凡庸なせせこましい自己満足ですら、こうしたひとびとにとっては贅沢品だったのである。ひとを馬鹿にせずにはいられず、弱者を叩かずにはいられなかった。かれらに必要なのは内省という鏡だったが、むろん便利なGoogleで百万回検索したところでそれが見つかるはずもないのである。

そもそもなぜ生きることは苦しいのだろう、そう問いたくもなる。私たちが抱える喪失感は、とてつもなく巨大だ。あなたたちと同じものを私もまた背負わされている。そしてそれが特定の世代に共通する外的要因によるものだということも知っている。だがそれを嘆くことはやめよう。私たちは生きており人生はあまりにも短い。その外的要因を誰が作ったのか、その根本的原因について考えることにも意義はあるだろう。しかし私たちにとって喫緊の課題とは、おそらく極めてシンプルな問いなのだ。どうすれば生きられるのか。

私たちは死んでいる。漫画とアニメとゲームで自慰をする人生。外に行かずネットで優越感を抱く人生。ニコニコ動画に「国民総クリエーター時代」うんぬんと煽られつい大喜びしてしまう人生。これをひとことで表すことができる。セックスを忘れた人生である。セックスのない人生である。すべてが性交を巡っているのに、それを無視してなかったことにする人生。おまんこだけが価値なのにそのことが忘れられている。あるいは見ないようにしている、あるいはしたいこころの動きがある。これが私たちを死人にしている。

原発事故の衝撃が、遠雷のように私たちの存在を揺るがせている。細かく指摘するまでもなく、社会全体を覆っている言語化されない陰鬱な空気は、私たちからもっともシンプルな力、つまり元気を奪っている。そしてすでに困難だった異性への道筋は、内向化する精神によってさらに閉ざされていく。他者がいない自慰的空間では何が起こるか、それは日本社会を見ていれば自明だった。幼児化だ。小学生の空想のような未熟な創作表現が、文字通りあらゆるところで蔓延している。死人はいつまでも死人でいることを強いられる。

このような環境で、私たちはいかに生きることができるのだろう。肉のよろこびという根源的な衝動を殺してしまえば、人間はもう人間ではない。ただの自慰する機械にすぎない。そしてもうそうなりつつある。いかにひとりだけで快楽を得るか。それだけが現代を生きるために必要なノウハウだ。漫画もアニメもゲームも、すべてさみしい自慰を豊かにするためだけのテクノロジーとして活用されている。むろんそれを作っている連中は、よかれと思ってやっているのだ。自慰グッズが何よりも必要とされる現代のニーズに、この手のひとびとが真剣に応えている結果生み出されたものが、この茫漠とした自慰社会なのである。

このような空気が、何年も何年も続くだろう。幼児化と愚劣化はさらに進むだろう。それにともない日本語はぼろぼろと崩壊していくだろう。かつて理解され得た知識と見識はついに読まれなくなるだろう。そして男と女はさらに憎しみ合い、さらに孤独に、ひとりぼっちになっていくだろう。やがて、日本人同士で通訳が必要になる、断絶と喪失の時代がやってくる。それはもう避けがたく構造的な没落であると結論づけざるを得ない。死人として生きることが日本人の避けられぬ宿命であるならば、自分だけを愛せよと、そう叫びたい気もした。しかしおまんこは今日もうつくしかった。

2012-12-04

喪失の時代(3)

ピンサロのソファで、<女>と会話をしていた。いや、相手が女かどうかすら、暗がりでは定かではなかった。時折、女が性器を舌でねぶる感触が下半身から伝わってくる。生暖かいその感触だけが、私と世界をつなぐ唯一のつながりであるように感じられた。ふと、あのドイツ人の言葉が頭をよぎる。人間が自分を神様だと思い上がらずにいられるのは、その下半身のゆえである、と。

男にとって買春は極めて安易な娯楽であるはずなのに、ネットには自慰用の道具が溢れかえっている。自慰用のTwitter、自慰用のTogetter、自慰用の評論家どもで溢れかえっている。むせ返るような精液の臭いにうんざりした女たちは、男の真似をして部屋に閉じこもり、男のいない清潔な世界でフィクションに逃避している。そして夜にはベッドで毎晩自慰をするのである。

この二十年、私たちが失ってきたものは、カネだけではなかったらしい。私たちのこころを作る<ネット>の現在の様子を見れば、ひたすら黙って性器をしごいている男たちと、それを憐れむ女たちとの間の距離は絶望的なまでに大きくなってしまっていることは自明だった。砂のように乾いた、焦げた肉のように苦々しい関係。

なぜここまで、私たちはひとりぼっちになってしまったのか。なぜここまで、ばらばらに引き裂かれてしまったのか。この世には男と女しかいないのに、お互いに石を投げつけ合っていた。男女ともに、裏切られることを何よりも恐れ、相手を罵倒して嘲笑しようとしていた。それによって、かれらはもっとも恐ろしいことからこころを守っていた。

たとえば、女が馬鹿だと思えば、女が屑だと思えば、男は自分の小さな性器のことを忘れていられた。男は自分に勇気がないことを忘れていられた。毎日引きこもってアニメと漫画とネットを楽しむ孤独な人生のことを忘れていられた。なぜなら女はどうせ馬鹿で屑だからである。単純な論理だった。そしてこれはもうどこかの誰かの特殊な事例ではなかった。私たちの現実だった。

いくら買春を繰り返しても、女は恐ろしかった。いや、違った。女が怖いからこそ買春を繰り返したのである。女を知ることができればその恐怖から逃れられると思った。しかし何もわからなかった。そのへんの女とも何度も何度もセックスをした。それでも何もわからなかった。わかったこともあるがそれは女は男を許すことができる生き物だということである。女は男の孤独を許してしまう。こんなに恐ろしい生き物は他にいない。

Twitterでわめいている学者や言論人どもの語彙を用いてはならなかった。かれらがよく体現している、頭がいいと思われたい欲望は、教養がなく、貧しく、惨めな生活を送っている現代人にとっては、ほとんど唯一のあまい飴玉であるからだ。この誘惑とたたかわなければならなかった。あなたたちにはっきり言っておくが、一回四千五百円のピンサロで精液を売女の口に放出することは、その戦略のひとつに過ぎないのである。