2016-03-14

Fallout4についての走り書き

この作品をゲームというより一冊のSF小説として読んだ。ゲーム性について適切に語ることができるひとが他にたくさんいるだろうと思うのでそれについては省略(また、カジュアルなプレイヤーに過ぎない私にその資格があるとも思えない)。本作はゲームなので基本的に「操作」しながら読み進めることになるが、これをマウスやキーパッドがいわば「進む」キーとして機能する長大な電子書籍として捉え、このFallout4をかなりおもしろく読んだ。とても楽しんだので以下その感想という名前の走り書きとなる。

本作は、(1)核戦争後の旧ボストン「コモンウェルズ」を舞台にし、(2)核戦争勃発前の200年前にコールド・スリープ装置で冷凍された主人公が、(3)一緒に装置で眠っていたはずの子供を誰かに誘拐され、(4)200年後の様変わりした世界に旅立ち、(5)町の復興に携わりながら、子供を取り戻すためにさまざまな勢力と協力または敵対してゆく、という筋書きになっている。いくつかの選択肢がありかつてのゲームブックのように、選んだ結果によっておおきく結末が変更される。複数の結末が準備され、いずれかのタイミングでこれを選ぶことができる。

核戦争後の世界は、いくつかの勢力が激しくぶつかりあう無法地帯になっている。荒れ地は放射能汚染がつよく残り、日本の古い特撮映画のような設定として、放射線による生物のミュータント化が進んでいる。要するに外は追い剥ぎや化け物がうようよしており、共同体はほとんど崩壊していて、わずかな集落が汚染された都市の残骸にあちこち散らばっている。

以下、おもな勢力を紹介する。

(1)BOS/ブラザーフッドオブスティール
パワーアーマーという強化外骨格が特徴的な、おもに米軍の生き残りによって構成された武闘派集団。戦前のテクノロジーを集約し、これを管理することを重要課題と考えており、「間違った手」に技術が落ちることを極度に嫌い、武力によって敵対勢力を破壊し、収奪することをいとわない人々。重火器を始めとする高い技術を所持しており、空飛ぶ巨大な飛行船「プリドゥエン」を旗艦とし、コモンウェルズで活動する。コモンウェルズでのかれらの目的は、高いテクノロジーを要すると思われる技術者集団「インスティチュート」の殲滅である。

(2)ミニットマン
主人公が一番始めに巡り合う勢力であるコモンウェルズの自警団。もっとも、カリスマを有するリーダー没後は分断されほぼ崩壊している。基本的に自警団であるため、農民などといった市民のボランティアで構成されており、火力組織ともに脆弱。レーザーマスケットという特徴的な外観の武器をよく所持している。主人公が協力することによって組織をある程度復活させることができ、以降「キャッスル」という拠点より、コモンウェルズ全域にわたってラジオを放送、市民の安全な生活を支援するようになる。それぞれの居住地を防衛するのもかれらの仕事。

(3)レールロード
無法地帯にあるまじき、高邁な理念を掲げた人権活動集団。コモンウェルズに徘徊する人間そっくりな人造人間「シンス」に人権を与えようとする、ラディカルな思想に基づいた活動を行う。人権という概念がそもそも崩壊した世界で見上げた根性をみせる地下秘密組織。シンスを制作し、これを「奴隷化」しているインスティチュートと敵対関係にある。リーダーはデズデモーナという美人で、高度な専門性を兼ね備えたエージェントたちを取りまとめ、コモンウェルズのあちこちでゲリラ的な諜報活動と工作を行っている。最終的な目標は不明だが自意識をもったシンスを回収し、ひとりの人間として「解放」する運動を続けている。

(4)インスティチュート
シンスを制作する謎の組織。その実態は、かつてコモンウェルズにあった大学の研究員たちによる生き残りによって作られた科学者集団。BOSに比肩する強力なテクノロジーを有し、人間そっくりのシンスを制作、これをコモンウェルズじゅうにばらまいて情報収集および工作活動を行っている。町の人間を誘拐し、その代わりに外見見分けがつかないほどそっくりなシンスを送り込んでいることで知られ、その目的もわからないため、コモンウェルズ住民の畏怖の対象。人造のシンスにも自意識があることを承知しており、シンスが裏切った場合、回収・人格のリセット作業をひそかに行っている。ひとつBOSも知らない超テクノロジーを隠し持ち、運用している。

(他)レイダー、ガンナー
レイダーはいわゆる「追い剥ぎ」や「野盗」。ガンナーは武装し訓練をつんだ「武装レイダー」とでもいうべき存在。どちらも基本的に略奪することしか考えていない。

物語は、荒れ地と化したコモンウェルズに出て右も左もわからない主人公が、ミニットマンの生き残りと遭遇するところから始まり、ミニットマンと協力し、荒れ地のあちこちに残された居住地を建て直し、ミニットマンを復活させ、居住地の防衛に従事させながら、ばらばらになったコモンウェルズをまとめてゆく、といったものになる。もちろん、行方不明の息子も探さなければならない。息子を探して、一番大きな町にゆき、上記の勢力と協力したり敵対したりしながら、手がかりを探してゆくことになる。

以降ネタバレだが、この物語の特徴をよく表しているサブシナリオを紹介する。ある町で、ひとがしばしば行方不明になると評判になっている。その町を訪れた主人公は、さらわれた女性のひとりがどうなったのか探すことになるのだが……最終的には、さらわれた人々は、人間のうちに紛れ込んだシンスを特定する実験のために犠牲になっていることが明らかになる。首謀者はシンスに家族を殺された科学者で、人間そっくりなシンスを特定の質問とそれに対する応答によって見つけ出すことができる心理テストを開発(「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」のフォークト=カンプフテストみたいなもの)していた。テストは心理的・肉体的な苦痛を与えることによってその応答を確実にする残酷なものだ。

さらわれていた女性も檻の中にいた。さて、主人公にはふたつの選択肢がある。ひとつは、科学者に協力すること。もう一つは実験をやめさせることだ。結論から言うと、さらわれていた女性は文字通りシンスだった。つまり、科学者のやっていた残酷な実験は、実在する危険のためのテストだったということになる。最終的に、女性を助けるか、科学者の味方につくか、どちらかを選ぶことになる。どちらを選んでも、後味は悪い。科学者は手法こそ残酷だが、実際に人間になりすまし、紛れ込んでいるシンスという脅威が存在していることになるからだ。基本的に、Fallout4の物語は、この「選択しにくく、どちらにも一定の正義があり、何が正しいのかわからない」という対立するふたつの人間や思想についての選択を通じて語られてゆく。

私は「インスティチュート」ルートを読み進めた。つまり、シンスを制作し、コモンウェルズの人々を恐怖に陥れている技術者集団に協力したことになる。なぜインスティチュートに協力したのか……それはここで書かないほうが面白いと思うが、息子は誰に誘拐されて、いまどこで何をしているのか。そうした疑問について明らかになる、つらい真実の瞬間が待ち受けており、それを知った私はインスティチュートに全面的に協力することを選んだ、とだけ書いておく。インスティチュートに味方することは、他の集団と手を切ることであり、私の場合はBOSとレールロードと敵対することになり、物語の過程で何度か協力関係を結んだこともあるかれらを滅ぼすことになった(ちなみに、逆の場合はインスティチュートを滅ぼすことになるそうだ)。これは文字通り、読み進めるこころが折れそうになる展開だった。BOSもレールロードも、それぞれの理念と守りたいものを持っている人々だったからだ。

何もかもが終わった後、あとには膨大な死人と、かつて仲間だった人々の墓が残された。そして私の分身としての主人公を待ち受ける喪失感はとてつもないものだった。インスティチュートを中心とした物語のテーマは、ひとことでいえば、「たった一人の人間の幸せのために、他の人間を犠牲にしても許されるのか」というものである。たったひとりのため、その人生を満足させるためだけに、多くの血を流し、かつての仲間を裏切ることを強いられるこの物語を読み終えて、なぜフィクションでここまでつらい思いをしなければならないのか、と思った。そして、こういうものを読みたかった、という感想を持った。そしてどこか、この作品を作った人々への敬意の気持ちをもって、この走り書きを記している。

なお本作は、私の目から見ても翻訳の品質はよくないが、日本語版の声優たちの頑張りは驚くべきもので称賛してよいのではないかと思う。間違いは確かに多いが日本語版もお勧めしたい。