2017-04-11

ほんとうの保守のためのノート

「この国にほんとうの保守はいない」と、ある小説家はいった

ほんとうの保守とはなにか
そもそも、わたしたちが守るべきものはなにか

それは憲法か
それは平和か
それは子供らか
それは誇りか
それはプライドか
それは世界一の技術か
それは安倍晋三か
それは自民党か
それは沖縄の米軍基地か
それは先進国か
それはG7の地位か
それはうつくしい国か
それは東芝の原子力事業か
それは台湾企業に買収されたシャープか
それは教育勅語を暗唱させる幼稚園か
それは共謀罪か
それは言論の自由か
それは性交の自由か
それは性行為をインターネットにアップロードする自由か
それは君が代か
それは天皇陛下か
それは男の男による男のための国か
それは女のものではない女によるところのない女のためでもない国か
それは自涜する自由か
それはツイッターで自涜する自由か
それはフェイスブックで自涜する自由か
それはありとあらゆるSNSで自涜する自由か
それはいつでも自涜ができる《わたしたち》の自由か

守るべきものがずれている
守るべきものがいつでもずれている
守るべきものがいつでもずれてしまっている
守るべきものをふみつけている
守るべきものをうらぎっている
守るべきものをいつの間にかきずつけている
守るべきものをいつの間にかよごしてしまっている
守るべきものがないている
守るべきものをなぐってしまった
守るべきものをころしてしまった
守るべきものをうしなってしまった

さまざまなひとが、それぞれ守るべきものをさけんでいる
(ツイッターであばれている)
さまざまなひとが、それぞれたたかうべきものをさけんでいる
(フェイスブックで慇懃なめくばせをしている)
毎日さけんでいる。毎日糞をなげつけあっている。毎日つぶやいている
(だれもかれもが血走った眼!)

そのどこにも《わたしたち》が守りたかったものはない
そのどこにも《わたしたち》がほんとうに守りたかったものはない
そのどこにも《わたしたち》がほんとうに守りたかったはずのものはない

くりかえされている
なんどもくりかえされている

なんども問うことをくりかえしている
なんども問うことをくりかえしてそのたびに答をうしなっている

ほんとうの保守とはなにかという問いをたてている
ほんとうに守るべきものはなんなのか問いをたてている

ほんとうの保守とはなにか
そもそも、わたしたちが守るべきものはなにか

いや、嘘を書いてはならない
いや、嘘をいってはならない
いや、ブログといえども、嘘を書いてはならない
いや、ブログといえども、《現代詩》といえども、嘘を書いてはならない

だがしかし、ほんとうのことは苦痛で
(そのすべてがいつわりで)
だがしかし、ほんとうのことはくるしく
(そのすべてがうそっぱちで)
だがしかし、ほんとうのことは血を吐くようなことばで
(そのすべてがご立派な表現で)
だがしかし、ほんとうのことがなければ……ほんとうのことがなければ!
(そのすべてが自己満足で)

なかった
そもそもなかった

そもそもこの国に守るべきものなどなにもなかった
そもそもこの国に守るべきものなどどこにもなにもなかった

そもそも《わたしたち》のこの国に守るべきものなどなにひとつ残されていなかったのだということ
そもそも《わたしたち》のこの国のいまここに守るべきものや愛すべきものなどなにひとつ残されていなかったのだということ

保ち守るべき美徳はすべて幻影だったのだということ
保ち守るべき美学はすべて幻想だったのだということ
保ち守るべき《あのひと》はすでに彼岸へ旅立ってしまったのだということ

よってほんとうの保守はついに不可能で
よってほんとうの保守はついにふかぎゃくで
よってほんとうの保守はついにかなうことなく
よってほんとうの保守はついにきえさり
よってほんとうの保守はついに実現することなく
よってほんとうの保守はすでに滅んでおり
よってほんとうの保守は二度滅ぶことはできない

愛する方法を知らなかったので
愛する方法をまちがえたので
愛する方法を知りえなかったので

ほんとうの保守よ、おまえは夢見た庭へとかえり
ほんとうの保守よ、おまえは安らかに星いだいて眠れ

(2017年4月10日)