2017-07-26

机上の空論

仕事をはやめに終えて夕食の買い物へ。豚肉が安かったので大量(1kg)に買ってしまう。ゴーヤも安売りしていた。ということで買い物カゴにこれらを入れた瞬間自動的に今晩のメニューが決定してしまう。それはともあれひさびさにツイッターを見にいったら同業者たちがみながんばっていて勇気づけられる。がんばる、とは、この世の不条理にあらがうこと。がんばる、とは、不可能なことに挑むことだ。その姿勢だけがひとに勇気をあたえるのであって、敗者の愚痴も勝者の自慢話もいずれもこの世に必要ないものである、とここまで書いて、まあ、なにしろ人生というのはうまくいかないことだらけというか、むしろうまくゆかないことの連続体というほかなく、よって、この世に愚痴は必要かもしれない。愚痴をきいてもらいたい知己のひとは連絡ください。ゴーヤチャンプルーも作らねばならないので本日はここまで。